11.脱毛サロン・脱毛クリニック違いはどこにある?

11.脱毛サロン・脱毛クリニック違いはどこにある?

一口に脇脱毛と言っても、毛サロンだけでそれを行っているのではなく、美容皮膚科や脱毛クリニックなどでもその施術を行っています。

両者の違いは、エステサロンのような脱毛サロンに対し、クリニックや皮膚科と名がつくところは、医療機関となります。違いはそれだけではありません。

一番の違いは、医師や看護師がいるかということと、脱毛に関しての効果が高いのが、医療機関となります。医療従事者がいることで許可されている「高い出力のレーザー脱毛器」が使えますし、効果が高いぶん、多少リスクは有ります。

そのリスクに早く対応できるから、医療機関ということになるでしょう。それに必要なのが医師や看護師ということになるのです。

脱毛クリニックや美容皮膚科などでの脱毛リスクとは、やけどをする可能性がある、肌が赤くなる、肌が荒れる可能性があるなどです。それらに対し、適切な処置と投薬も行われますので、安心していいでしょう。皮膚に跡を残さない処置が行われるのです。

脱毛効果が若干劣るのが脱毛サロンとなりますが、こちらでは出力の落ちるフラッシュ(光)脱毛器を用いて施術をします。脱毛効果は劣るとは言え、最近のフラッシュ脱毛器は進化していますので、効果は高くなってきています。

どちらの脱毛施術でも「毛穴の組織にダメージを与える」ものとなっており、原理としてはあまり違いはありません。出力数の高さの違い、医療従事者がいるかというだけの違いとなっています。

肝機能の数値

健康診断ではタウリンサプリ人気ランキング※効果と副作用ガイドの健康状態をある程度知ることができます。お酒が好きで毎日飲んでいるという人は特に気になるものです。

でも、診断書に書かれているのは専門用語ばかり。

大抵の場合、医師からは肝機能が落ちていますね、と言われるだけです。ここでは肝機能改善のモチベーションを上げるためにも、少し難しい肝機能の数値について説明します。γ-GTP、GOT、GPTの三種類です。

γ-GTPとは

γ-GTPは、ガンマグルタミルトランスペプチダーゼを略したものです。肝臓の解毒作用に関連した酵素の一種です。

このγ-GTPの数値が高いほど、肝臓に問題ありとされています。なぜなら、γ-GTPは肝臓や腎臓に多く含まれていて、特にアルコール性脂肪肝炎になっている場合、肝臓や胆管の細胞が破壊された時に、このγ-GTPが血液中に流れ出すからです。

血液中に存在していること自体が問題なのではなく、なぜγ-GTPの値が高くなったのかを判断する必要があります。

γ-GTPの値が高いと、アルコール性脂肪肝炎、慢性肝炎、薬剤性肝炎などが疑われます。γ-GTPの基準値は50IU/L単位以下とされています。

GOTとは

GOTは、肝臓以外にも存在する、タンパク質の構成物質であるアミノ酸を作る酵素の一種です。

心臓や肝臓に加え、腎臓や筋肉の中にも含まれていて、それぞれの箇所の細胞が破壊されると、その細胞を修復するために血液中のGOTの値が上昇します。

例えば心筋梗塞になって心臓の筋肉の一部が壊死すると、このGOTの値が跳ね上がります。それでも、肝細胞が破壊された時はGOTの値も非常に敏感に反応するために、肝機能障害を起こしているかどうかを判断するための指標として用いられています。

最近では、GOTという名称からASTという名称を採用する病院が増えてきています。GOTもしくはASTの基準値は、40IU/L単位以下となっています。

GPTとは

GOTはGPTと同じような酵素の一種です。肝臓や胆管の細胞が破壊されると、血液中に酵素が流れでてその値が高くなります。

GOTと比較すると、GPTの方が肝臓により多く含まれているので、GPTの値が高いと、脂肪肝や慢性肝炎などの肝機能障害を起こしていると判断できます。

最近ではGPTという呼び方に変えて、ALTという呼び方を採用する傾向があります。GPTもしくはALTの基準値も40IU/L単位以下となっています。

前ページ | 次ページ

なぜ更年期障害になるのか

なぜ更年期障害になるのか

なぜ更年期障害になるのかと問われたら、それはホルモンバランスが乱れたことで生じると答えます。
ホルモンバランスの乱れと一言で言っても、女性の年齢からくる閉経を迎えることで生じる事が多いです。基本的にはある程度の年齢になると更年期障害の症状が出てくることから、ほとんどの女性は更年期障害に頭を抱えることとります。
閉経を迎えたことから、卵巣の機能が下がってきます。この卵巣の機能が下がったことで、得る吐露弦という女性ホルモンが体の中で徐々に作られなくなり、もともとあるホルモンが不足し、その他のホルモンが分泌されていることから、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。
こういったことから、更年期障害が生じます。しかし、このことだけが更年期障害の原因ではありません。
仮に、無理なダイエットをしたり、乱れた食生活や生活環境も原因の一つに含まれます。まあ、夜食をたくさん食べたり、1日あたりの喫煙回数が多いのも該当します。
ホルモンバランスは、中でも女性のほうが比較的乱れやすくなっています。他にも、生活環境の変化やストレス、年齢からくるものなどもあります。
しかし、そのような原因が判明していれば、更年期障害は多少なりとも改善は可能だということも知って起きましょう。自身の体に何か変わった事があると、幾分はストレスになります。可能な限りストレスがかからないように気をつけるといいでしょう。

詳しく調べたい方はこちら⇒更年期サプリ 人気