13女性特有の病気についての保険

女性特有の病気についての保険

生命保険の中には、女性しか加入できないタイプの保険や、
女性しかつけられない特約などもあります。

それらは女性特有の病気に特化した保障が充実しているため、
女性が保険に入る時は必ずと言っていいほど
保険会社の営業担当者から勧められると思います。

では女性特有の病気とは、どんなものがあるのでしょうか?

● 子宮や卵巣のがん・・・子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど

日本人女性に多い子宮頸がんですが、
最近ではワクチン接種も行われるようになったとはいえ、
まだまだ多くの女性が発症のリスクを備えています。

● 乳がん

20代から50代の発症が多い乳がんは、女性がかかるがんの中では第1位となっています。
早期発見できた場合は、抗がん剤の投与だけで治療が成功することも多いようです。
20歳を過ぎれば女性の全てにリスクがありますので、
定期健診を受けるようにしましょう。

● 子宮や卵巣・乳房にできる良性新生物・・・子宮筋腫や子宮内膜症など

子宮筋腫は、30代の女性であれば5人に1人は持っていると言われています。
不妊症の原因にもなり得るものですので、下腹部の痛みや生理時の異常などがあれば、
早めに婦人科で診察を受けましょう。

● 甲状腺の疾患・・・橋本病、バセドー病など

20代から40代女性に多く、男性のおよそ10倍もの発症率である甲状腺の疾患は、
妊娠や出産がもとで起こることが多いようです。

またカバーされる保障の中には、妊娠・出産時の異常も含まれるものもあります。

● 妊娠・分娩および産褥の合併症・・・妊娠中毒症、流産、子宮外妊娠など

保険各社とも、女性のための保険には力を入れているようで、
保障は一生涯続くものが多いようです。

男性よりも平均年齢が高い女性ですから、
保障期間が長いのは、とてもありがたいものですね。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒妊娠サプリ 効果

ニードル脱毛のメリット・デメリット

ここでは、脱毛サロンで施術してくれる『ニードル脱毛』という脱毛方法について見ていきます。

まず、ニードルとは日本語で針のことを意味し、この脱毛用の針を用いた脱毛方法のことをニードル脱毛といいます。このニードル脱毛では、極めて細い針を毛穴に刺し、微弱な電流を流したり、高い周波を当てたりします。電流や高い周波を毛根に当てることで、毛根は壊れます。

すると、毛は再生することができなくなり、新しい毛が生えてこなくなります。このニードル脱毛は、施術をするまえには、毛を1センチくらい残しておかなければいけません。ちなみに、ニードル脱毛は、レーザー脱毛が主流になるまでは、代表的な永久脱毛の方法でした。

ニードル脱毛は、痛みがレーザー脱毛よりも強く、費用が高いなどの理由から今ではニードル脱毛をする方は減少傾向にあるのが現状のようです。また、施術者によって痛みの度合いが異なるため、ニードル脱毛を選択するときには、技術に優れている施術者がいる脱毛サロンで行といいでしょう。

脱毛して美肌になったら婚活パーティーに参加して生涯のパートナーを見つけませんか?

それでも痛いのは嫌という方は、脱毛サロンではなく、美容外科や美容皮膚科などで脱毛をしてもらいましょう。美容外科や美容皮膚科であれば、麻酔をかけてくれるため、痛みを感じることなく脱毛をすることが可能です。
参考にしたサイト>>>>>全身脱毛