社会の闇を映す

私が利用した健康食品は、映画「日本の熱い日々、謀殺・下山事件」は1981年に劇場公開された熊井啓監督による社会派ミステリーとなっております。第2次世界大戦終結間もないアメリカに支配されている1949年の日本の、重苦しい雰囲気が伝わってきました。一方では新しい時代を迎えようとしている若い世代の人たちの、期待と不安の入り交じった胎動も感じることができる映画です。戦後の混乱している世の中を必死に生き抜こうとする、新しいタイプの人たちの純粋な思いが映し出されていました。共産主義者や労働運動の指導者たちに向けられている烈しい弾圧には、国家権力が国民ひとりひとりの監視を張り巡らせている今の時代との不気味なつながりを感じてしまいました。

健康食品を利用してみて、松川事件や三鷹事件をはじめとする不可解な事件の様子には、真実が闇の中へと葬り去られてしまうきな臭いムードを感じることができるはずです。今の時代のメディアの報道姿勢について疑問を持っている、若い世代の人たちに見ていただきたい映画です。当時としては最先端の技術を導入した科学捜査が、リアルに描かれています。占領軍と政府の両方からの圧力にも屈することなく、真実を追い求め続けていくジャーナリストの姿には胸を打たれました。
よく読まれてるサイト:ペルシャ猫キャットフード

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *